Archive for the ‘ヘッドラインニュース’ Category

「子育て支援プロジェクト」始動!

◆なぜ子育て支援なの?
長崎県は1960年をピークに人口減少が始まり、近年は毎年約1万人のペースで減少が進んでいます。人口減少は街の活力を失わせます。これは長崎に住む私たち一人一人が真剣に考えていくべき問題です。

私たちチョープロは『この街のエネルギーになりたい』のキャッチフレーズのもと、「長崎の将来を担う子供たちが、笑顔で成長してほしい」との願いから、このプロジェクトに取り組んでまいります。

◆概要
●支援内容
毎月のガス料金から500円(税込)を割引いたします。

●支援期間
最長5年間(毎月25日までに支援確定分が、翌月検針分より適用となります。)
※お子様が18歳に達した年度末で支援は終了となります。
但し、先に5年経過した場合はその時点で終了となります。

●支援対象
下記条件を満たす方。
①当社のガスをお使いいただける方。
※但し、ガス料金区分により一部のお客様は対象外とさせていただきます。
②当社ご契約者様と0歳から18歳までのお子様が同居されている方。
③当社メール会員になっていただける方。
※メール会員の皆様にはチョープログループよりお得な情報やお知らせなどを月に1~2回配信させていただきます。

●受付期間
2017年2月1日~2017年12月20日

◆申込方法
下記URLから、専用申込フォームにてお申込みください。
https://fs221.xbit.jp/y994/form6/
※同居の確認のため、お子様の住所・氏名・生年月日の記載がある証明書の写真を添付いただく必要があります。

≪証明書の一例≫
●可
・お子様の健康保険証(ガスの契約者と被保険者のお名前がいっしょなら住所の記載がなくてもOK)
・住民票(発行されて3カ月以内、個人番号の無いもの)
・福祉医療費受給者証(有効期間内のもの)
・マイナンバーカード

●不可
・マイナンバー通知カード (マイナンバーが記載されているため)
・住民票コード通知票   (住民票コードが記載されているため)

 

 


 

※お子様が複数いらっしゃる場合、一番末のお子様の情報をご登録ください。
※従来の携帯電話および一部のスマートフォンは、機種自体が添付ファイルに対応していません。
ファイルの添付ができない場合は下記お問い合わせ先までご連絡ください。

◆「ご支援確定」のお知らせ
ご登録いただいたメールアドレスへ「支援期間」をメールにてお送りいたします。
※お申込後に自動送信される「お客様用控えメール」とは異なります。
※お申込が集中した場合、ご支援確定まで2週間程度かかることがあります。

◆その他
●ご登録内容に変更があった場合、下記お問い合わせ先までご連絡ください。
●ご登録内容に不正・虚偽が発覚した場合は適用を取り消し、開始時までさかのぼって支援済み金額をご返金いただく場合がございます。
●支援期間中にガス料金が発生しない月があった場合でも期間内の一月とみなします。
●ご登録いただいた個人情報は当社にて厳重に管理し、チョープログループからのお知らせ以外の目的には使用しません。

◆お問い合わせ先
チョープロお客さまセンター 0120-56-8101

 

 

 


長崎空港隣接地におけるメガソーラープロジェクト、竣工式を開催

 

2016年8月2日

 

株式会社チョープロ
ソーラーフロンティア株式会社

 

 

長崎空港隣接地におけるメガソーラープロジェクト、竣工式を開催

 

長崎県内で最大、国内でも有数規模のメガソーラー

「SOL de 大村箕島太陽光発電所」が運転開始

 

【東京/長崎-2016年8月2日】-株式会社チョープロ(代表取締役:荒木健治、本社:長崎市、以下:チョープロ)とソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:平野敦彦、本社:東京都港区、以下:ソーラーフロンティア)は、両社によって設立された長崎ソーラーエナジー合同会社(以下:長崎ソーラーエナジー)の建設による「長崎空港隣接地メガソーラー」(SOL de 大村 箕島太陽光発電所)が竣工したことをお知らせします。本日、用地の所有者である長崎県をはじめとする関係者が一同に会し、竣工式が開催されました。

本メガソーラーは、発電出力で約30MWを有し、国内有数の規模(長崎県で最大)を誇ります。初年度の発電量は、約3,700万キロワットを見込んでおり、一般家庭の年間電力消費量換算で7,500世帯分に相当します。設置にあたっては、ソーラーフロンティアが光の反射が航空機の運航に影響を与えない防眩性をもつCIS薄膜型太陽電池モジュールを供給し、千代田化工建設株式会社がEPCとして設計・調達・建設を担当しました。この太陽光発電所は2015年4月に着工され、地元のサポートを得て、設置が進められました。その中には、九州地方の金融機関も多数参加した融資団(幹事銀行:株式会社みずほ銀行)によるノンリコース型のプロジェクトファイナンス実施も含まれます。

2016年7月の完成までには、海上空港である長崎空港滑走路に隣接する立地から、航空機の離着陸による高さ制限等に対して細心の注意を払ったことに加え、電力を九州電力に供給すべく約10kmに渡って海底ケーブルが敷設されるなど、高い難易度の工事が伴いました。このたび、スケジュール通りに完成したことは、長崎ソーラーエナジーの優れたプロジェクト推進力を示すものです。

このように、本プロジェクトの竣工は、長崎県に加え、地域のエネルギー供給者であるチョープロとソーラーフロティアの連携の成果です。今後ともそれぞれのノウハウを活用することで、環境に優しく、経済性に優れた太陽光発電の普及を通して、地域に貢献していく所存です。

以上

 

【長崎空港隣接地メガソーラー(SOL de 大村 箕島太陽光発電所)概要】

事業名

長崎空港隣接地(大村臨海工業用地他)におけるメガソーラー設置・運営事業

設置場所

長崎空港隣接地(長崎県大村市箕島)

敷地面積

約34ha

建設開始

2015年4月

規模

約30MW

完成

2016年7月

 

 

【長崎空港隣接地メガソーラー(SOL de 大村箕島太陽光発電所)完成図】

【竣工式の様子】


【株式会社チョープロについて】
株式会社チョープロは、LPガス会社を母体に、再生可能エネルギー事業を展開しています。現在、長崎県とその近隣における事業は、本プロジェクトと合わせ出力約50MWになります。また、地球環境に配慮したクリーンな電力の地産地消を目指す新会社「長崎地域電力」を立ち上げ、電力小売事業に参入しています。サッカーJリーグ「V・ファーレン長崎」のスポンサーや、ローイングクラブの実業団チーム、オリンピックを目指すアスリートを採用するなど積極的にスポーツ振興にも取組み、地域に根差した企業として社会に貢献しています。

【ソーラーフロンティア株式会社について】
ソーラーフロンティア株式会社は、昭和シェル石油株式会社(5002,T)の100%子会社で、世界最大のCIS薄膜太陽電池のソリューション企業です。当社が生産・販売するCIS薄膜太陽電池は、実際の設置環境における経済性および環境特性の高さが特徴で、これまでに住宅用・産業用の両面において革新的かつプロフェッショナルなソリューションをご提供してきました。ソーラーフロンティアは、太陽による快適でクリーンな暮らしをすべての人にお届けします。企業情報や最新ニュースの詳細は、当社公式のホームページFacebookTwitterをご覧ください。

 

問い合わせ先:

株式会社チョープロ 新エネルギー事業部
定富・山口 TEL: 095-856-8101

業務拡大により正社員募集中!!

業務量の増加に伴い、即戦力となる正社員を募集します!(若干名)

・新卒~30歳まで
・総合職(正社員)

求人票はこちら!

 私たちは、LPガス会社を母体に、再生可能エネルギー事業を展開しています。現在、長崎県とその近隣における太陽光発電事業は、長崎空港隣接地に建設された九州最大級の30MWと合わせ、出力約50MWになります。
 また、地球環境に配慮したクリーンな電力の地産地消を目指す新会社「長崎地域電力」を立ち上げ、電力小売事業に参入しています。サッカーJリーグ「V・ファーレン長崎」のスポンサーや、ローイングクラブの実業団チーム、オリンピックを目指すアスリートを採用するなど積極的にスポーツ振興にも取組み、地域に根差した企業として社会に貢献しています。是非、 私たちと一緒に働いてみませんか。

電力小売事業への参入についてお知らせ

2016年3月29日

 

電力小売事業への参入についてお知らせ


 
株式会社チョープロ(本社:長崎県長与町、代表取締役:荒木健治)は、電力小売の全面自由化に伴い、長崎地域電力株式会社(本社:長崎県長与町 代表取締役:荒木健治)を設立し電力小売事業への参入を決定いたしました。

当社は、長崎の皆様へLPガスをお届けして66年、さらに地域に根付いた企業を目指し長崎の未来をつくりたい、この街のエネルギーになりたい。このような想いによって「長崎地域電力」は立ち上がりました。長崎が持つエネルギーで、長崎の暮らしをもっと豊かに、快適に。人にも地球にも愛される電力会社をめざして「長崎地域電力」はじまります。

<企業理念>
長崎地域電力は地域で得られた再生可能エネルギーを中心とした電力を地域に提供する会社である。私たちはエネルギーの供給を通じ地域における企業と家庭のネットワークを確立するとともに、地元企業をはじめとする上記理念に賛同する企業と連携し、地域経済と文化の発展に寄与する。
私たちは、地球温暖化阻止を目指す地域の在り方を全世界に発信する。

以上

長崎地域電力のHPはこちらから

口座振替割引サービスについて

下記金融機関の口座振替でガス料金をお支払いいただいた場合、
お引落し翌月のガス料金から一律50円を割引きさせていただきます。
(※一部対象外の料金がございます。)

【対象となる金融機関】
・親和銀行
・十八銀行
・長崎銀行
・長崎三菱信用組合
・たちばな信用金庫
・ゆうちょ銀行

上記以外の金融機関または振込用紙でご入金いただいているお客様は、
この機会に、お得な口座振替へ変更をされてみてはいかがでしょうか。
口座振替へのお手続き、お問い合わせは下記までお願い致します。

問い合わせ先:
株式会社チョープロ TEL:095-856-8101

給水・給湯配管凍結予防のご案内

ガス給湯器には、凍結予防ヒーターが装備されている機種もありますが、特に気温の下がる夜間や早朝には、ガス給湯器や配管内の水が凍結して、お湯が出なくなる場合があります。

【凍結予防方法】
① ガス給湯器(リモコン)の運転スイッチを「切」にして下さい。
リモコンがない場合は、ガス給湯器のガス栓をしっかり閉めて下さい。
※この作業を行いわないと次の処置②により、ガス給湯器が運転(燃焼)することがあります。

② 給湯栓(お湯の出る蛇口)から、少量の水(1分間に約400cc・・・太さ約4mm)を流したままにして下さい。
※ガス給湯器のコンセントは抜かないで下さい。
(凍結予防ヒーターが装備されている機種は、凍結予防ヒーターが作動しなくなります。)

【凍結した場合】
凍結した場合は、自然に解凍するまでお待ち頂くことをおすすめします。
解凍後、ガス給湯器本体や配管に水漏れなど異常がないことを確認のうえご使用下さい。

問い合わせ先:
株式会社チョープロ TEL:095-856-8101

分譲マンション「kuriyaの木 出島」が6月6日より販売開始

kuriya の家づくりの考え方を採り入れた分譲マンション「kuriyaの木 出島」の販売を6月6日より開始致します。

長崎市出島町に位置する12階建ての本物件は、平成28年9月竣工予定。各階2戸ずつとプライバシーに配慮し、全23戸(うち店舗1戸(非分譲))が角住戸となっています。戸建ての家のような心地よさを実現するため、kuriyaの家づくりの考え方を基本に設計しました。オリジナルキッチンや無垢材のフローリング、リビングとキッチンに床暖房等が標準装備となっています。

本プロジェクトにつきまして詳しくはHPをご覧下さい。また販売等に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

お問い合わせ先  株式会社チョープロ 「kuriyaの木 出島」販売室
TEL 095-856-8101

長崎空港隣接地におけるメガソーラープロジェクト、起工式を開催

  
 

2015年4月2日

                    

ソーラーフロンティア株式会社
株式会社チョープロ
千代田化工建設株式会社

 

長崎空港隣接地におけるメガソーラープロジェクト、

起工式を開催

~「SOL de 大村 箕島太陽光発電所建設工事」が本格始動~

 

【東京/長崎/神奈川-201542日】 ソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:平野敦彦、本社:東京都港区、以下:ソーラーフロンティア)と株式会社チョープロ(代表取締役:荒木健治、本社:長崎市、以下:チョープロ)により設立された長崎ソーラーエナジー合同会社(以下:長崎ソーラーエナジー)が進める「長崎空港隣接地(大村臨海工業用地他)におけるメガソーラー設置・運営事業」(以下:本プロジェクト)について、このたび起工式が実施されましたのでお知らせ致します。

本プロジェクトは、長崎県で最大かつ、国内有数の規模となります。本年1月の長崎県及び長崎県土地開発公社との事業用地賃貸借契約に続き、株式会社みずほ銀行を幹事銀行とし、九州地方の金融機関も多数参加した融資団と、ノンリコース型のプロジェクトファイナンスにかかる融資契約を締結するなど、順調に進捗して参りました。

本メガソーラーの建設は、空港滑走路に隣接し、航空機の離着陸による高さ制限等、細心の注意を払って施工することに加え、発電した電力を約10kmに渡って敷設される海底ケーブルを経て九州電力に供給することが求められますが、千代田化工建設株式会社(代表取締役社長:澁谷省吾、本社:神奈川県横浜市、以下:千代田化工)がEPCとして設計・調達・建設を、ソーラーフロンティアが光の反射が航空機の運航に影響を与えない防眩性をもつCIS薄膜型太陽電池モジュールの供給を各々担当し、約30MWの発電出力を有する太陽光発電所として、2016年7月の完成を目指して参ります。

長崎県に加え、地域のエネルギー供給者であるチョープロも参画する本プロジェクトを、本プロジェクトに取り組む各社は地元と連携した地域貢献性の高いプロジェクトと位置づけています。今後ともそれぞれのノウハウを活用することで、環境に優しく、経済性に優れた太陽光発電の普及に積極的に取り組んでいく所存です。

以上

【概要】

事業名

長崎空港隣接地(大村臨海工業用地他)におけるメガソーラー設置・運営事業

設置場所

長崎空港隣接地 (長崎県大村市箕島)

賃貸借面積

約34ha

規模

約30MW

建設開始

2015年4月

完成予定

2016年7月

 

【SOL de 大村 箕島太陽光発電所イメージ図】 【起工式の様子】

 

【株式会社チョープロについて】
LPガス会社を母体に、新しく再生可能エネルギーの供給に取り組むべく事業展開を始めました。現在、長崎県、佐賀県、熊本県においてメガソーラー事業を推進し、本プロジェクトと合わせた出力は約50MWとなります。 また「暮らしのブランドkuriya」を展開。これからの「暮らし」を見据えた事業も展開しています。
  サッカーJリーグ「V・ファーレン長崎」や「長崎がんばらんば国体」などのスポンサーとして、スポーツ振興にも貢献しています。

 【千代田化工建設株式会社について】
千代田化工建設株式会社は総合エンジニアリング企業として、「エネルギーと環境の調和を目指して」を理念に40カ国以上の世界各地で多くのエネルギー関連プラントを手掛けてきました。LNGを始めとするエネルギー関連技術のフロントランナーとして、再生可能エネルギー分野においても新規技術の事業展開を強化しており、クリーンエネルギーの安定供給への貢献を続けています。メガソーラー分野においてはEPCのみならず、西部ガスグループのエネ・シード㈱と共同で現在4ヵ所の太陽光発電所(計6.9メガワット)を運用中であり、発電事業への参画により設備の運転、運用に関するノウハウも蓄積しております。当社のメガソーラーへの取り組みにつきましては、当社ホームページをご覧下さい。 

【ソーラーフロンティア株式会社について】
ソーラーフロンティア株式会社は昭和シェル石油株式会社(5002, T)の100%子会社であり、CIS 薄膜太陽電池の生産・販売を行っています。2011 2月より商業生産を開始した国富工場(公称生産能力900メガワット)は、CIS薄膜太陽電池の生産工場として世界最大です。ソーラーフロンティア株式会社が生産・販売するCIS 薄膜太陽電池は、銅、インジウム、セレンを使用して、当社の独自技術で生産する次世代太陽電池であり、経済効率が高く、環境に優しいことが特徴です。太陽電池の設置容量(kW)あたりの実発電量(kWh)が従来型のものに比較して高いだけでなく、原料からリサイクル処理まで高い環境意識で設計・生産されており、その長期信頼性や保証体制に関しては「JETPVm認証(JIS Q 8901)」などの第3者機関による認証を受けてきました。デザイン面でも、内閣総理大臣表彰「第2 回ものづくり日本大賞」で優秀賞(製品・技術開発部門)、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2007 年グッドデザイン賞」では特別賞エコロジーデザイン賞を受賞しています。詳細につきましては当社ホームページをご覧ください。当社公式のブログFacebookTwitterでも太陽光発電に関する最新情報などを随時発信しています。

問い合わせ先:
〈ソーラーフロンティア株式会社 コーポレートコミュニケーション部〉
吉田・高橋 TEL03-5531-5792
〈株式会社 チョープロ ソーラー事業部〉
定富・山口 TEL: 095-856-8101
〈千代田化工建設株式会社 IR・広報・CSRセクション〉
赤松 TEL045-225-7734

長崎空港隣接地のメガソーラープロジェクトが本格的にスタート

 

2015年1月28日

株式会社チョープロ
ソーラーフロンティア株式会社

 

 

長崎空港隣接地のメガソーラープロジェクトが本格的にスタート

~設置・運営事業に関し事業用地賃貸借契約を締結~

 

【東京/長崎−2015128日】- 株式会社チョープロ(代表取締役:荒木健治、本社:長崎市、以下:チョープロ)とソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:平野敦彦、本社:東京都港区台場、以下:ソーラーフロンティア)が設立した「長崎ソーラーエナジー合同会社」は、長崎空港隣接地(大村臨海工業用地他)における約30MWのメガソーラー設置・運営事業(以下:本プロジェクト)に関し、長崎県及び長崎県土地開発公社と事業用地の賃貸借契約を締結しましたのでお知らせ致します。

ソーラーフロンティアにとって、関西国際空港プロジェクトに続く2番目のCIS薄膜型太陽電池の空港関連設置案件であり、高い地域貢献性と経済性を併せ持つ重要な大型事業と位置付けています。

2014年3月31日に長崎県及び長崎県土地開発公社との間で合意された本プロジェクトは、既に国内大手金融機関を中心に地元銀行を含めた融資団が組成されるなど順調に進捗しています。このたび上記のとおり賃貸借契約が締結されたことにより、本プロジェクトの実現に向けてさらなる一歩が刻まれました。なお、着工は2015年4月を予定しています。

本プロジェクトの詳細につきましては、以下の2014年4月1日発行のプレスリリースをご覧ください。http://www.solar-frontier.com/jpn/news/2014/C031163.html

以上

【概要】

事業名 長崎空港隣接地(大村臨海工業用地他)におけるメガソーラー設置・運営事業
設置場所 長崎空港隣接地 (長崎県大村市箕島)
賃貸借面積 約34ha
規模 約30MW
建設開始予定 2015年4月
完成予定 2016年7月

 

【株式会社チョープロについて】
LPガス会社を母体に、新しく再生可能エネルギーの供給に取り組むべく事業展開を始めました。現在、長崎県、佐賀県、熊本県においてメガソーラー事業を推進し、本プロジェクトと合わせた出力は約50MWとなります。 また「暮らしのブランドkuriya」を展開。これからの「暮らし」を見据えた事業も展開しています。
  サッカーJリーグ「V・ファーレン長崎」や「長崎がんばらんば国体」などのスポンサーとして、スポーツ振興にも貢献しています。

 
【ソーラーフロンティア株式会社について】
ソーラーフロンティア株式会社は昭和シェル石油株式会社(5002, T)の100%子会社であり、CIS 薄膜太陽電池の生産・販売を行っています。2011 2月より商業生産を開始した国富工場(公称生産能力900メガワット)は、CIS薄膜太陽電池の生産工場として世界最大です。ソーラーフロンティア株式会社が生産・販売するCIS 薄膜太陽電池は、銅、インジウム、セレンを使用して、当社の独自技術で生産する次世代太陽電池であり、経済効率が高く、環境に優しいことが特徴です。太陽電池の設置容量(kW)あたりの実発電量(kWh)が従来型のものに比較して高いだけでなく、原料からリサイクル処理まで高い環境意識で設計・生産されており、その長期信頼性や保証体制に関しては「JETPVm認証(JIS Q 8901)」などの第3者機関による認証を受けてきました。デザイン面でも、内閣総理大臣表彰「第2 回ものづくり日本大賞」で優秀賞(製品・技術開発部門)、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2007 年グッドデザイン賞」では特別賞エコロジーデザイン賞を受賞しています。詳細につきましては当社ホームページをご覧ください。当社公式のブログFacebookTwitterでも太陽光発電に関する最新情報などを随時発信しています。

問い合わせ先:
〈株式会社チョープロ ソーラー事業部〉
定富・山口 TEL: 095-856-8101
〈ソーラーフロンティア株式会社 コーポレートコミュニケーション部〉
吉田・高橋 TEL: 03-5531-5792

チョープロから災害発生時に備えてのお願い

 

現在、大型で非常に強い勢力の台風8号が九州に接近中で、10日には長崎に上陸する恐れもあり厳重な警戒が必要です。

今後の動きに注意しながら災害発生時に備えてのお願いです。

 

災害発生(避難)時

 ・倒れたガスボンベには触れないで弊社へ連絡してください。

 ・飛来物がガスメーターに当たってガスが遮断する可能性があります。

  ガスメーターの復帰ボタンを押して復旧させてください。

  復旧しない場合や、ガス臭がする時は弊社までご連絡ください。  

 ・避難される場合はガスの元栓をすべてを閉めてください。
 
 

緊急連絡先(本社)
 095−856−8101
 ※復旧作業は台風通過後にお伺いします。

スタッフブログ(災害時の緊急対処法)
 長崎県LPガス協会 防災ガイド ページ