味覚について考える『味覚教室』勉強会!

長崎もやっと梅雨明けですね!

梅雨は明けて欲しいですが、この暑さはキツイですね~!

 

さて、7/24(火)にチョープロ・kuriyaで、何ヶ月も前から企画が進められている

味覚に注目した食教育の教室『味覚教室』の勉強会が開催されました!!

  

イタリア式の味覚教育に、日本ならではの「旨味」をたした、五味の味覚の教育である

フードコンシャスネスを作りだした、学習院女子大学の品川 明教授から

味覚教育について学ぶ事が出来ました!すごいことです!

 

関東では、食育の中で味覚も注目されつつありますが、

九州ではまだ浸透されていないようです。

そのようなことから、新聞やテレビの取材も沢山していただきました。

ありがとうございました♪

  

 

今回学んだ事を、次回の8月7日(火)にkuriyaで行う子供を対象とした味覚教室

に生かしたいと思います!

  

 

自分自身も、今まで野菜や果物を育てて虫や鳥に作物を食べられたら

「食べられてしまった!」と思っていました。

しかし、今回の勉強会に参加して、人間中心に考えてはいけないと感じました。

 

その作物は自然環境の中の本当は誰に食べられたいのか。

 

これからは、考えていきたいと思います。

 

 

品川教授、黒川先生、ありがとうございました!

8月も宜しくお願い致します。

8月7日(火)の子供味覚教室の詳細はこちら

 

※ 勉強会の様子は7月25日にNBC長崎放送で放映されました。

また26日付けの長崎新聞でも、大きく取り上げていただきました。 

 関係者の方々には、深く御礼申しあげます。