コーヒーとおやつの美味しい組み合わせ~浅煎り編~

“お家で美味しいコーヒーを自分の手で淹れる。”
難しそう、味がいつも安定しない、と悩まれていませんか?

今回は、美味しいコーヒーをお家で淹れるコツや、相性の良い“おやつ”の組み合わせを
焙煎度別(浅煎り・中煎り・深煎り)にご紹介。
第一回は「浅煎り」です。
今、流行の“サードウェーブコーヒー”と言われているコーヒーもこの浅煎りです。
フルーティな酸味と爽やかな明るい味わいが特徴です。

●浅煎りコーヒー
朝の目覚めにぴったりの浅煎りコーヒー。
豆の特徴は、焙煎が短い為、比重が大きく、ガスの発生が少ないので、
抽出時に湯だまり発生が少ないです。

コーヒーの美味しさに「いらない味」のエグ味・雑味を出さないためには、
沸騰後、短時間落ち着かせた、やや高めの湯でサッと抽出するのがおすすめ。
浅煎り-カリタ

豆に少量の湯を入れ、“蒸らし”を終えたら、2回目の湯は多めに。
サッと短時間で抽出を終えます。

今回使用したドリッパーは、カリタ[Kalita]のもの。
小さな3つ穴で、台形型のドリッパーです。

淹れるコーヒーの味に安定性があるのが特徴です。

浅煎り-カリタ横

 

おすすめのおやつはクッキーを。
その他、クロワッサン、トースト、こしあんの和菓子なども好相性です。

浅煎り-クッキー

酸味が際立ち、控えめな苦味。
すっきりとした後味の浅煎りコーヒーと、軽い食感のクッキーは
お互いの味わいや香りをさらに引き立ててくれます。
写真は、菓子美呆の茶人と珈琲人町の人町ブレンドの浅煎り。ショップで現在販売中です。

→2月おすすめ《コーヒーとおやつ》はこちらから

次回は、【中煎りコーヒー】と美味しいおやつの組み合わせ。
おたのしみに。